閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年5月8日 モスクワ 大木雅文

ロシア:NORINCO(中国)、RusalとEn+Groupのプロジェクトに参加の可能性

 2012年4月28日付け現地報道によると、Basic Element、RusalのCEOで、En+Groupの社長のオレグ・デリパスカ氏と、中国北方工業公司(China North Industries Corp.、略称NORINCO、本社:北京市)総裁の張国清氏が、戦略的協力協定に調印した。
 協定の一環として、双方は共同プロジェクトの実施により2012年1月1日からの3年間で貿易経済協力の規模を10億US$以上へと引き上げる意向である。
 En+GroupとNORINCOは、クラスノヤルスク冶金工場をベースとするロシア最大のアルミ圧延施設の設立プロジェクトへのNORINCOの参加可能性を検討することで合意した。また双方は、ロシア及びその他諸国におけるニッケル、銅その他資源を含む鉱物の共同開発に向けた長期的な協力メカニズムを構築することで合意した。
 なお、2012年4月26日付け現地報道では、RusalとNORINCOは、両社の合弁企業で、中国市場でアルミその他非鉄金属の販売を行うNorth United Aluminium(Shenzhen) Co.,Ltd(略称:NUA)が営業開始したと発表している。

ページトップへ