閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年5月8日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:Candelaria鉱山と公共事業省、Copiapó水不足対処のため協定締結

メディア報道によると、2012年5月7日、Candelaria鉱山と公共事業省はCopiapóga川流域の水不足問題に対処するための協定に合意した。協定の期間は2年間で延長が可能となっている。協定の内容によれば、Candelaria鉱山は同鉱山が保有するCopiapó川の水利権の一部を公共事業省に譲渡する。また、同鉱山が建設中の海水淡水化プラントが操業に入った際にはCopiapó川からの採水量を減らすことも盛り込まれている。、Laurence Golborne公共事業大臣はこの協定について「Copiapó川流域地域の今後の水不足問題に着実に対応する第一歩である」とコメントした。

ページトップへ