閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2012年5月14日 リマ 山内英生

ペルー:Cobriza銅鉱山、資金不足で操業停止の恐れ

 2012年5月7日付け地元紙等によると、Doe Run Peru社のCobriza鉱山労働者組合書記長は、Cobriza銅鉱山が資金不足により操業停止の危機に直面しており、労働者に対して5月半ばまでの給与のみが支払われる可能性があると発表した。
 一方、専門家による同鉱山の2012年3~7月までのキャッシュフロー予測では、コストや人件費が増加する一方で売り上げが減少し、資金繰りは6月半ばに悪化して、同月から赤字に転落する見通しとなっている。
 なお、Doe Run Peru社のMeyrer人事副部長は、労働省に対して同社の困難な経営状況を報告したことを明らかにし、労働者との合意に至りたいとの考えを示した。

ページトップへ