閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2012年5月14日 バンクーバー 片山弘行

米:Doe Run社、鉛製錬所の操業再開

 2012年5月11日付け報道によると、Doe Run Company(以下、Doe Run社)は、2012年3月に発生した火災の影響で補修作業を実施していたミズーリ州Herculaneum鉛製錬所が操業を再開、5月中にはフル生産量である年産130,000 st(約118,000 t)に達する見込みである。
 Doe Run社は、3月後半に火災が発生した際、製錬所の操業を緊急停止したが、発電施設が損傷した。補修作業は6週間を要したが、当初7月にメンテナンスに伴う操業停止を予定していたこともあり、生産量の縮小は最小限に抑えられる。

ページトップへ