閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2012年5月15日 北京 土居正典

中国:湖南金鑫黄金集団有限責任公司、衡陽清水塘鉛亜鉛鉱山を傘下へ

安泰科によれば、湖南金鑫黄金集団有限責任公司は、衡陽市冶金工業総公司の傘下であった清水塘鉛亜鉛鉱山を、湖南金鑫黄金公司の傘下とする契約を締結した。併せて同鉱山は湖南清水塘鉱業有限責任公司と改称される。 同鉱山の鉱区面積は16 km2で、20余りの鉱体を有する。300年の歴史を持ち、閃亜鉛鉱、方鉛鉱及び黄鉄鉱などを主として、金、銀、アンチモン、銅、カドミウムなどを随伴する。今後3年以内に、年間生産額は3億元を超え、省内有数の非鉄金属鉱山企業となる見込みである。同鉱山の埋蔵量は、「中国鉱情(1999年版)」によると鉛13.24万t(金属量)、亜鉛24.20万t(同)で、平均品位は鉛3.19%、亜鉛4.46%である。

ページトップへ