閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2012年5月25日 調査部 渡邉美和

中国:上海鉛亜鉛サミット、2012年の鉛蓄電池需要量15%増見込

 現地報道によると、2012年5月24日から上海で開催された2012年上海鉛亜鉛サミットの席上、中国電池工業協会曹国慶福秘書長は「中国の2012年の鉛蓄電池需要量は15%増加し、金属鉛量としては332万tの需要が見込まれる」と語った。同氏の発言の要点は以下の通り。

・2012年の中国の鉛蓄電池需要量は15%増、この金属鉛量として332万tが見込まれる。

・同時に2012年には193万tの廃棄蓄電池の発生が見込まれる。

・2015年には鉛蓄電池生産量は240百万kVAhに達し、これに使用される金属鉛量は420~470万t。

・2012年の中国の鉛蓄電池関連車両の保有量は、自動車1.04億台(新増1,850万台)、モーターバイク1.02億台(新増2,700万台)、電動自転車1.47億台(新増3,000万台)。

・蓄電池需給は現在も依然としてタイト。

・世界的にみると7位までの大企業の蓄電池シェアは52%に達しているが、中国企業はこれに含まれていない。

・アジア電池協会の予測によれば、2012年の世界の鉛蓄電池市場規模は413.7百万kVAhとなる。中国の生産量予測は165百万kVAh。

・中国の世界に占める鉛蓄電池生産のシェアはまだ低い。中国内企業はさらに競争力を付けるため旧式設備の淘汰や産業構造調整、技術革新、設備のグレードアップなどを積極的に推進する必要がある。

ページトップへ