閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年5月30日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:Glencore、Mineracao Craiba社株式を取得か

 地元メディア報道によると、Glencoreは、Bahia州で銅鉱山を操業するMineracao Craiba社(以下Caraiba社)株式28.5%を取得した。これに対し、Glencoreはこの報道を否定しており、「Glencoreが取得したのは、Caraiba社をコントロールするBranford社に関連する株式である」としている。しかし、ブラジル・メディアは、GlencoreがBranford社からCaraiba社株式28.5%(71.2百万株)を118.5百万US$で取得したと報道している。Caraiba社は、1994年に民営化され、現在Caraiba社の株式シェアは、Aurizônia Empreendimentos社(Branford社を通じ28.3%を保有)、Anaconda Group LLC(28.3%)、従業員年金基金(17.75%)となっている。報道が正しければ、GlencoreはCaraiba社の最大株主になるが、GlencoreはさらにCaraiba社への関与を強める可能性もあるとされている。
 Caraiba社は、現在、Pilar鉱山(坑内採掘、Bahia州)で、2016年までに銅鉱石生産能力を、現在の600千t/年から900千t/年まで増産する計画がある。このために、現在の採掘レベル(-850 m)を-1,600 mまで下げる計画である。同社は、Caraiba鉱山(露天採掘、Bahia州、銅鉱石生産能力1.2百万t/年)、Surubim鉱山(Curaca市、銅鉱石生産能力1.15百万t/年)も保有している。

ページトップへ