閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2012年6月11日 北京 土居正典

中国:江西省、世界最大規模のタングステン鉱床発見

 国土資源部は2012年6月5日、「江西省地質鉱産探査開発局が1年半にわたる探査の結果、同省九江市武寧県大湖塘地域で推定埋蔵量106万tのタングステン鉱床を発見した。同鉱床は世界最大で、その潜在価値は3,000億元(474億US$)である」と公表した。
 一部の現地報道は6日付で、厦門タングステン業が鉱床発見と報道したが、探査に投資したのは江西巨通実業である。同日付で、厦門タングステン業は「鉱床発見とは無関係」と公告した。
 安泰科によると、江西巨通実業の権益30%を保有する厦門三虹タングステン・モリブデンの劉同高董事長は、厦門タングステン業董事長でもある、また、2011年4月に厦門タングステン業は、九江市でのタングステンの探査及び高度加工産業の発展のため、五鉱有色金属、厦門三虹、九江市及び同市修水県政府と「硬質合金プロジェクト協力協議書」を締結している。

ページトップへ