閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年6月27日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:CODELCO、Radmiro Tomicバイオリーチングプラント、操業試験段階へ

 CODELCOは、Radmiro Tomic事業所にあるバイオリーチングプラントが2012年7月にも12か月間の工業試験段階に入ると発表した。プラントでは平均銅品位0.27%の低品位鉱石100万tを最初に処理する。バイオリーチングは低品位鉱石から銅を経済的に抽出できる技術として研究が進められており、実現すれば現在廃滓として扱われているものが鉱石となり、資源量の大幅増に繋がることが期待されている。2002年にCODELCOはJX日鉱日石金属と共同でBiosigma社を設立し、バクテリアを利用した硫化銅鉱バイオリーチングの技術開発プロジェクトを進めている。

ページトップへ