閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2012年8月20日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:Central Omega社のフェロニッケル製錬所プロジェクト

 2012年8月6日付け地元報道によれば、インドネシアPT Central Omega Resources社は、かねてより計画しているフェロニッケル製錬所建設プロジェクトの概要を発表した。投資額3億US$となる同プロジェクトは、2フェーズに分かれ、2014年までの第1フェーズではフェロニッケル年産10万tを、その後2015年までの第2フェーズには2倍となる年産20万tに拡張する計画で、鉱石は南東スラウェシ及び中央スラウェシにある自社鉱山から供給される。建設場所に関しては、電力確保が重要課題とされ、スラウェシと東ジャワを候補地とし、評価を進めている。なお、同社は、国営電力PT PLNと電力供給に関する契約を最近締結しており、PT PLNは同製錬プロジェクトへ220 MW供給する予定である。なお、同プロジェクトのJVパートナーも引き続き模索中であるとしており、前回2012年1月の報道では、中国企業2社、台湾企業1社の計3社が候補とされていた。

ページトップへ