閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年9月4日 北京 土居正典

中国:国家物資備蓄局、軽希土1.8万tを備蓄開始

 安泰科によると、国家物資備蓄局は、包鋼希土と「レアアース買上げ備蓄」に関し合意し、100億元を投入し軽希土1.8万tの備蓄を開始する見込みである。
 関係者によると、備蓄鉱種及び実行時期はほぼ確定し、2012年8月に準備完了、9月に実行の予定である。今回の備蓄は、包鋼希土、五鉱集団、中国アルミ業など大手企業が参加する計画である。また、備蓄対象及び量については、酸化ユウロピウム50 t、酸化イットリウム1,500 t、酸化ジスプロシウム300 t、酸化テルビウム60 tとの話もあるが、政府からの発表は無い。

ページトップへ