閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル コバルト タングステン ニッケル
2012年9月4日 北京 篠田邦彦

中国:江西タングステン持株集団と中冶金吉鉱業開発公司がニッケル・コバルト協力

 安泰科によれば、江西タングステン持株集団は、中冶金吉鉱業開発公司と「戦略的協力枠協議」「水酸化ニッケル・コバルト購入・販売協議」等を終えた。
 両社は、海外ニッケル・コバルト資源の開発、水酸化ニッケル・コバルト製品の購入販売などの分野で全面的に協力する予定。江西タングステン持株集団は、中冶金吉鉱業開発公司所有のRAMUニッケルコバルトプロジェクトで産出された製品の30%を2014年から購入することができる。
 統計によれば、中国国内のニッケル資源は不足し、海外から年間30万tのニッケルを輸入している。中国冶金建設集団(中冶集団)は、国内外の鉄鋼・鉱業企業と協力し、13億7,000万US$(約93億5,669万元)を投資、パプアニューギニアのラム(Ramu)コバルト・ニッケル鉱プロジェクトを共同開発している。年間生産量は、ニッケル3万t(金属量)、水酸化コバルト3,000t(金属量)となっている。

ページトップへ