閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年9月17日 シドニー 伊藤浩

豪:QLD州のロイヤルティ引き上げに対する各社の反応

 2012年9月13日付け地元各紙は今般のQLD州政府による石炭のロイヤルティ引き上げに対する各社の反応を伝えている。BHP BillitonのJac Nasser社長は、短期的には多くの雇用が失われるとともに生産が低下し、長期的には石炭鉱業への投資に影響が生じるとともに鉱山会社が豪州ではなく他の国に目を向けることになると発言。Xstrata報道官は、石炭価格が低下し一般炭及び原料炭を生産する鉱山会社が損失を負っている状況下においてロイヤルティが引き上げられれば、我々は石炭の生産量を削減せざるを得ないと発言。豪州石炭協会のDr Nikki Williams会長は、石炭鉱業は現在、人件費、燃料費、及び重機費等のコスト増に直面しているが、今後は連邦政府及び州政府の法令を順守するためのコスト増や様々な認可の遅れに伴うコスト増にも直面することになると発言している。

ページトップへ