閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2012年9月24日 バンクーバー 片山弘行

米:EMC Metals社、ネバダ州Springerタングステンプロジェクトの予備的経済性評価発表

 EMC Metals Corp. (以下、EMC社)は、2012年9月20日、同社がネバダ州に保有するSpringerタングステンプロジェクトに係るNI 43-101準拠の予備的経済性評価書(Preliminary Economic Assessment, PEA)を発表した。
 Springerタングステンプロジェクトは、1982年の8ヶ月間、General Electric社により操業されていたタングステン鉱山を再開発するものであり、今回発表されたPEAでは、現在のタングステン価格(400 US$/MTU)に基づくマインライフ5年の場合、経済性を有するとしている。再開発に必要な初期投資額3,000万US$、税引後NPVは2,280万US$(割引率8%)、IRRは47%、カットオフ品位0.2% WO3での概測資源量は355,000 st(32.2万t)、平均品位0.537% WO3、予測資源量は1,933,620 st(1,754,150 t)、平均品位0.493%と算出されている。タングステン鉱物は灰重石で、重力選鉱及び浮遊選鉱による回収の予定であり、年間134,960 MTUのタングステン精鉱の生産を見込んでいる。2013年12月もしくは2014年第1四半期の生産を目指している。

ページトップへ