閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2012年10月5日 バンクーバー 片山弘行

加:Nemaska社、ケベック州Whabouchiリチウムプロジェクトの予備的経済性評価書公表及びオフテイク契約の締結

 Nemaska Lithium Inc.(以下、Nemaska社)は、2012年10月2日、同社がケベック州に保有するWhabouchiリチウムプロジェクトの予備的経済性評価書(Preliminary Economic Assessment、以下PEA)を公表した。
 PEAでは、平均品位6%のLi2O精鉱をマインライフ18年で380万t(バッテリー品位の水酸化リチウムを約36.6万t、炭酸リチウムを約17.7万t)を生産し、税引き前NPVが5億6,700万C$(割引率8%)、税引き前IRRが23.3%、ペイバック期間が3.8年となった。なお、初期投資額は4億5,400万C$、平均炭酸リチウム生産コストは1 tあたり3,500 C$、平均水酸化リチウム生産コストは1 tあたり3,400 C$であった(水酸化リチウム価格を1 tあたり8,000 US$、炭酸リチウム価格を1 tあたり6,500 C$と仮定)。
 なお、WhabouchiリチウムプロジェクトのNI43-101準拠の埋蔵量は、確定埋蔵量で1,019.7万t(平均品位1.53% Li2O)、推定埋蔵量で944.2万t(平均品位1.45% Li2O)である。
 また、2012年10月4日には、スイスClariant社グループのPhostech Lithium Inc.(以下、Phostech社)とオフテイク契約を締結したことを発表した。
 契約では、Phostech社はNemaska社のプラントから生産される水酸化リチウム一水和物を検査し、購入することとし、さらにPhostech社の要求する仕様にしたがって水酸化リチウム製造工程を調整するための経済的・技術的可能性について両社が協力することを含んでいる。

ページトップへ