閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2012年10月8日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:中国企業、東ジャワにニッケル製錬所建設計画

 2012年9月28日付けの地元報道によれば、中国企業のBeijing Sanfu社は、2012年内にインドネシア東ジャワSitubondoでのニッケル製錬所及び鉄鋼半製品プラントの建設に着手する。Situbondo県スポークスマンが発表したもので、これまでにSitubondo県側は同社と4回の協議を実施し、現時点で、総投資額1兆ルピア(約1.04億US$)が計画され、現在は沿岸部での用地約100 haの調査を実施中、さらに製錬所の建設により約1千人の雇用が生みだされるとしている。Beijing Sanfu社は、中国への鉱石輸出のため、既に南スラウェシでニッケル鉱山を操業してきたが、政府による今年5月からの鉱石輸出規制及び2014年1月からの鉱石輸出禁止措置に対処するため、この建設計画に至ったものとし、同製錬所からの製品は中国向けに輸出する計画である。なお、製錬所での具体的な生産品及び生産量は今回明らかにされていない。

ページトップへ