閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2012年10月15日 ロンドン 小嶋吉広

ポルトガル:国際ニッケル研究会、ニッケルの需給予測を発表

 2012年10月8~9日、リスボンで国際ニッケル研究会(INSG)の秋季会合が開催され、日本からは政府代表として経済産業省非鉄金属課、企業代表としては住友金属鉱山他が参加し、その他各国の政府代表、産業団体等合計約60名が参加した。同研究会の統計委員会は2012年及び2013年の需給予測を以下のとおり発表した。
 2012年のニッケル鉱石生産は、複数の新規大型プロジェクトが生産開始を迎えたことで順調に生産は拡大し、対前年比10.0%増の2,011.1千tが予想されている。2013年は、中国等新興国での景気減速により需要の軟化が見込まれ、また、2012年より開始されたインドネシアでの鉱石禁輸措置の影響が出始めると予想されることから、同5.2%増の2,114.7千tと生産拡大のペースがやや鈍化すると予想されている。
 2012年の地金生産量は対前年比5.7%増の1,687.3千tとなる見込みである。また2013年は、マダガスカルでのAmbatovyプロジェクト等の新規プロジェクトが生産拡大段階に入ることから同5.5%増の1,779.5千tとなる見込みである。
 需要サイドに目を転じると、中国でのステンレス生産が2012年Q1まで堅調であったことから2012年は対前年比3.6%増の1,644.5千tとなる見込みである。2013年は中国での需要拡大のスピードが減速するものの、米国の需要回復に支えられ同3.8%増の1,707.4千tが予想されている。各年のバランスで見ると供給超過の傾向は年々強まっており、2011年は9.5千t、2012年は42.8千t、2013年は72.1千tの供給超過が見込まれている。

ページトップへ