閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2012年10月24日 サンティアゴ 縫部保徳

アルゼンチン:Orocobre社、Cauchariリチウム-カリウムプロジェクトの資源量を公表

 Orocobre社(本社:豪州ブリスベン)は、同社が権益の85%を保有するCauchariリチウム-カリウムプロジェクト(Jujuy州)の鉱物資源量を公表した。予測資源量として、かん水量2.3億m3、平均Li品位380 mg/l、平均K品位3,700 mg/l、炭酸リチウム換算47万t、カリウム160万tが見積もられた。今回公表された資源量は同社鉱区東側で実施した5孔のコアボーリングの結果に基づいており、資源量を見積もった区域北部のボーリング深度は平均170 m、南部では50 mである。本プロジェクトに隣接するLithium Americas社(本社:加トロント)のCauchari-Olarozプロジェクトのボーリング深度は450 mであることから、Orocobreは資源量のかなりの増加が今後見込めるとしている。
 Orocobre社はCauchariプロジェクトの20 km北側にSalar de Olarozプロジェクトを保有しており、2012年10月末までにフルスケールの建設に着手、炭酸リチウム(バッテリーグレード)生産は2014年4月に開始の予定である。Salar de Olarozプロジェクトには豊田通商が参画している。

ページトップへ