閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2012年11月2日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:Largo Resources社、Largoタングステンプロジェクト、干ばつで操業停止

 メディア報道によると、Largo Resources社は、干ばつによる水不足のため、Currais Novosタングステン尾鉱プロジェクト(Rio Grande do Norte州)の操業を停止した。ブラジル東北部を襲った30年ぶりという干ばつのため、井戸からの取水量が減り、周辺の湖沼の水位も下がった。プロジェクトがあるCurrais Novos地域の、1~9月の通常の降雨量は600-800 mm/年あるが、2012年はわずか58 mmであった。Largo社は、追加ボーリングによる地下水の確保等の対策を取るとしているが、操業再開のめどは立っていない。Largoプロジェクトは、Barra Verde及びBoca de Lajeタングステン‐モリブデン鉱山の尾鉱堆積場からタングステン精鉱(シーライト)を回収するもので、プラントは2011年7月に稼働を開始し、同12月より生産に入った。当面の生産量は、23,000 t/年(WO3)であるが、フェーズIIで生産量を42,000 t/年まで引上げる計画もある。概測資源量は、3.46百万t(WO3 0.12%、F 1.74%)、予測資源量は、810,000 t(WO3 0.093%、F 1.44%)である。

ページトップへ