閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年11月12日 メキシコ 高木博康

メキシコ:加Baja Mining社、El Boleo多金属プロジェクトの負債償還日の延期を債権団と合意

 Baja Mining Corp.(本社:バンクーバー)は、韓国鉱物資源公社(KORES)を筆頭とする韓国企業団51%、Baja社49%権益保有でEl Boleo多金属プロジェクトの開発を進めているMinera y Metalurgica del Boleo(MMB)社が第3回目の負債償還金84百万US$の償還期限を11月2日から11月20日に延期することで融資債権団と合意した旨、2012年11月5日付け同社HPに公表した。MMB社は、6月に90百万US$が債務不履行になり、韓国企業団から不足資金を調達したことで、Baja社の権益比率は70%から49%に下がっている。7月の債権団との合意によれば、今後の韓国企業団からの調達額に応じ、権益比率はBaja社10%、韓国企業団90%となる可能性がある。
 同プロジェクトのマインライフ23年間の年平均生産量は、銅38,100 t、コバルト1,600 t、亜鉛29,500 tと見積もられている。

ページトップへ