閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2012年11月12日 調査部 渡邉美和

中国:フェロニッケル生産能力、2015年までにNi量で63万t増加

 現地報道によると、2015年までに、中国内では28のフェロニッケルプロジェクトが次々と生産開始となる見込み。これによる生産能力の増加分は63.3万tとなり、既存生産能力を含めると128.56万tのNi量での生産能力が達成される見通しである。上海吉元鉱産品有限公司の温泉総経理が最近語った。
 同総経理によれば2012年現在、17の省区で、電炉298基・年産能力50.68万t(Ni量)、高炉71基・年産能力同14.58が稼働していて、フェロニッケル年産能力の合計は62.26万tである。第12次五カ年計画では9の省区で28のフェロニッケルプラントが建設中であり、その内訳は、広西8、福建8、江蘇3、山東・遼寧・湖北が各2、内蒙古・安徽・河北が各1で、この間の新増年産能力は63.3万tである。

ページトップへ