閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト
2012年12月5日 調査部 渡邉美和

中国:コバルト需要増加の見込み

 現地報道では、最近の米国アイダホ州でのコバルト採掘再開のニュースを受け、中国でもコバルトが戦略的な資源であることが以下のように報じられた。
 統計によれば、米国は世界最大のコバルト消費国であり、年間消費量は約1万tである。これは世界全体の1割である。米国では先端技術やクリーンエネルギー発展に伴い、コバルト需要量は増加した。一方で、これまで依存してきた中国からの輸入についても、中国国内でのコバルト需要増加により米国輸出は減少していた。米国にとってコバルトは、国土安全と国民経済にとって非常に重大な影響を及ぼす戦略資源の一つとなっているのである。
 中国でも、コバルト需要は爆発的な増加を示している。将来も増加が見込まれ、コバルトは中国にとって資源が不足する9鉱種資源の一つとされているのである。中国も国内生産だけでは需要を満たすことができず、大量の精鉱や加工品を輸入している。2011年の中国のコバルト市場は供給量4.06万tである。2011年の中国のコバルト精鉱輸入量は34.8万tで、その92.8%(約32.3万t)はDRCコンゴからであり、中国は大きくDRCコンゴに依存している。
 コバルトは、中国の国土安全と国民経済にとって非常に重大な影響を及ぼす戦略資源の一つである。

ページトップへ