閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年1月7日 シドニー 伊藤浩

中国:石炭の需要が増加するとの予測

 2012年12月24日付け豪州地元紙は、中国石炭輸送・流通協会(CCTD:China Coal Transportation and Distribution Association)が2013年における中国の石炭輸入量が2012年の輸入量より増加すると予測していることを伝えている。中国の石炭輸入量は2012年1月~11月の期間において2.45億tであり、2011年の輸入量の約35%増となり、2012年の通年での輸入量が約2.7億tになると見込まれている。当該輸入量はインドネシア及び豪州からのものである。CCTDのアナリスト Han Lei氏は石炭の需要は2012年に経済成長の鈍化と米国のシェールガス開発の影響により減少したが、インドネシアや豪州からの石炭輸入量は増加したとコメントしている。

ページトップへ