閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2013年1月14日 バンクーバー 大北博紀

加:Vale、Copper Cliffニッケル溶鉱炉の生産量の縮小を計画

 2013年1月14日付地元紙等によると、ValeがON州サドベリーにあるCopper Cliffニッケル溶鉱炉の生産量を縮小する計画であると報じている。
 単一炉にして生産量を縮小するとともに、この計画により20億C$を投じるクリーンAER(atmospheric emissions reduction:大気排出量削減)プロジェクトの履行が遅れると見られている。クリーンAERプロジェクトは、Valeが6ヶ月前に開始したプロジェクトで、当初は2015年末までにサドベリー溶鉱炉から排出される二酸化硫黄排出量を現在の排出量から70%減少させるとともに、ダストの排出量も更に35%から40%減少させることを目標としていたが、2016年まで先送りされた。

ページトップへ