閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2013年3月4日 北京 篠田邦彦

中国:投資総額13億元のニッケル製錬プロジェクトを江蘇省响水県で立ち上げ

安泰科によれば、江蘇永大ニッケル業有限公司は响水県沿海経済開発区でニッケル製錬所建設を開始した。 情報によると、江蘇永大ニッケル業有限公司はニッケル、マグネシウム湿式製錬の高度加工企業で、国際的に最新の電解ニッケル湿式製錬プロセスを導入し、ラテライトニッケル鉱石をニッケル金属、マグネシウム、銅、鉄、コバルト、クロム及びその副産物に製錬する。同プロジェクトの投資総額は13億元で、2期に分けて実施する。現在、同プロジェクトは既に江蘇省環境保護庁の審査に合格し、省エネ、安全評価面で専門家による評価も通過した。同企業は5年間の発展計画を確定。即ち2017年までに生産能力をアップさせ、そのうちニッケルの生産能力10,000 t、マグネシウム8,000 t(金属量)を目標とし、ニッケル、マグネシウム製品の高度加工製造基地を建設し、企業の競争力を引き上げ、企業の持続的な成長を確保する。

ページトップへ