閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年3月7日 ロンドン 北野由佳

ジンバブエ:政府、Zimplats社の鉱区50%を強制取得する意向

 南アImpala Platinum社は2013年3月5日、ジンバブエ政府が同社子会社Zimplats Holding社(以下Zimplats社)の有する鉱区の約50%(27,948 ha)を強制的に取得する意向であることを明らかにした。Zimplats社は同政府から3月1日付けの告知を受け取っており、その告知によると同政府は「国民の利益のために鉱業地域を活用すること」を鉱区の強制取得の目的として挙げている。対象とされている鉱区には現在Zimplats社が採掘を行っているエリアは含まれていないものの、将来的な鉱山開発・拡張の可能性に影響を与える。なお、Zimplats社には告知の日付から30日以内に書面で異議を申し立てる権利がある。

ページトップへ