閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
チタン レアメタル
2013年3月12日 その他 渡邉美和

中国:都市化計画に伴いチタンホワイト産業の発展有望

 現地報道によると、全国人民代表大会で、都市化・工業化・情報化・農業近代化などのキーワードが注目を浴びている。都市化に当ってはインフラ建設が必要になるとともに、塗料などの用途に用いられるチタンホワイト(酸化チタン)産業の発展も有望視されている。

 チタンホワイトは世界的にも白色顔料として優れていると認められて、その使用範囲は塗料・インクなど広汎であり、不可欠のものだ。使用分野では塗料がその60%を占め、プラスチック添加が20%、製紙が14%、その他(化粧品、化繊、電子、窯業、硝子等)が6%である。都市化は人民生活水準の上昇ももたらし、建設のみならず日用品でもチタンホワイトの需要は増加するとみられる。第12次五か年計画の期間を通じて中国のチタンホワイト産業は大きな飛躍を実現できると見られる。

ページトップへ