閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル クロム
2013年3月15日 ロンドン 北野由佳

ジンバブエ:クロム鉱石の輸出禁止措置の緩和を検討

 2013年3月14日付けのメディア報道によると、ジンバブエ政府は同国からのクロム鉱石の輸出禁止措置を2年間緩和することを検討している。クロム鉱石の輸出禁止措置が緩和される代わりに付加価値税(value addition levy)が課される予定で、同国の鉱山鉱業開発省と財務省が話し合いを進めているとされる。付加価値税による税収入は同国における製錬能力の強化のために利用されることになっている。その他、在庫が積み上がっているクロム鉱石を競売にかけて売り払うことも検討されている。

 なお、ジンバブエ政府は同国内での製錬能力強化のため、2007年にクロム鉱石の輸出禁止措置を実施した後、2009年11月から18か月間輸出禁止措置を一時解除していたが、2011年4月から再びクロム鉱石の輸出が禁止されている。

ページトップへ