閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2013年3月18日 北京 篠田邦彦

中国:中国国家備蓄局、亜鉛地金の買上げ備蓄再開

 安泰科によれば、中国国家備蓄局は、2012年11月15日以来となる亜鉛地金の買上げ備蓄を再開する。巴彦淖尓紫金、株州製錬集団、中色赤峰紅燁、白銀有色集団、豫光金鉛、葫芦島有色、馳宏亜鉛・ゲルマニウムなどの企業から調達することを決定した。調達した亜鉛地金を遼寧省朝陽、黒竜江チチハル及び湖南省株洲の3ヵ所の倉庫に引き渡す。前回の買上げ備蓄と異なる点は、落札した企業は2013年4月30日までに買い上げられたものを指定倉庫に直接運送しなくてはならない。支払は前払い方式で、取引完了後1週間以内に8割以上の手付金を支払い、残り2割を2ヵ月以内に全額支払う。

 情報によると、今回の調達最高価格は15,882元/t、最大調達量は5万tとしていたが、最終的には4.5万tを調達した。

ページトップへ