閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2013年3月19日 北京 篠田邦彦

インドネシア:恒順電気、LAPAOPAOニッケル鉱山所有のCERIA社を買収予定

 安泰科によれば、青島恒順電気株式有限公司の子会社であるAn Shun Coal Mines Pte.Ltd.(以下安順公司と略称)は、PT CERIA NUGRAHA INDOTAMA社と「協力意向書」を締結し、PT CERIA NUGRAHA INDOTAMA社の権益を段階的に買収していく予定。

 同協力意向書では、2013年6月までにPT CERIA NUGRAHA INDOTAMA社から15%~20%の権益を安順公司に譲渡する見込みで、安順公司はそれを現金で買収する予定。買収価格、納付方法などは両社が市場の状況やニッケル鉱石の実際の品質に基づき協議の上確定するものである。2014年6月までに、PT CERIA NUGRAHA INDOTAMA社は継続的に安順公司に権益を譲渡し、安順公司は少なくとも同社の51%の権益を保有することになる。

 PT CERIA NUGRAHA INDOTAMA社はインドネシアの有限責任企業で、LAPAOPAOニッケル鉱山の所有者で、採掘許可も保有している。同鉱山ではニッケル含有量1.52%以上のニッケル鉱石の埋蔵量は1.11億tである。

ページトップへ