閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年3月28日 北京 篠田邦彦

中国:中国国土資源部、レアアース等戦略的鉱種について「三率」基準を設定

 安泰科によれば、中国国土資源部は「2012年中国石油天然ガス・主要固体鉱物資源埋蔵量状況」についてのニュースを発表した。中国国土資源部では、今後国内鉱物資源総合利用状況を把握し、重要鉱物資源について「三率」調査評価を終了させ、データベースを構築し、中国鉱物資源総合利用調査評価成果を提出し、総合利用に関する年度公表制度を構築する。中国最初の節約及び総合利用評価指標体系を公表することで、資源節約実施のための検査・審査基準を提供する。

 鉱種ごとに「三率」基準を作成し、資源の合理的利用のための制限値を設置する。2013年度には鉄、銅、鉛、亜鉛、レアアース、カリ塩などの戦略的資源に対し「三率」基準の設定作業を実施する。

 「三率」とは、採掘回収率、選鉱回収率、総合利用率を表す指標で、中国の鉱山企業が鉱物資源を開発利用するレベルを評価するための主要指標である。中国国土資源部は、補償金の徴収及び回収率と結びつけ、「三率」の高い鉱山に対して報奨を与え、さらに経済的手段を利用し鉱物資源の合理的開発利用を促進していく。

ページトップへ