閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年4月8日 メキシコ 高木博康

グアテマラ:加Tahoe Resources社、Escobal多金属プロジェクトの操業に必要な全ての許可を取得

 Tahoe Resources Inc.(本社:バンクーバー)は、エネルギー鉱山省よりグアテマラに保有するEscobal多金属プロジェクトの採掘ライセンスを取得し、これで操業に必要な全ての許可を取得した旨2013年4月3日付け同社HPに公表した。

 初期の開発コストは327百万US$で、2013年Q2に建設工事を終了させ、2014年Q1から商業生産を開始する。当初は、粗鉱処理量3,500 t/日で2017年から4,500 t/日、2020年から5,500 t/日に引き上げる。

 マインライフは19年で、初めの5年間の銀の年間生産量は622.1 tの予定となっている。

 2012年5月現在の同プロジェクトの概測資源量(含有量)は、金 11.6 t、銀 11,431 t、鉛 192千t、亜鉛 347千tとなっている。

ページトップへ