閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年4月9日 シドニー 栗原政臣

豪:連邦政府、Toro社のWA州Wilunaウラン・プロジェクトの開発を条件付き承認

 2013年4月3日付地元紙等は、連邦政府のTony Burke環境大臣がToro Energy社(以下Toro社、本社:SA州Adelaide)のWA州Wilunaウラン・プロジェクトを承認したと報じた。Burke大臣はプロジェクトの承認にあたり、閉山時のリハビリ費用のための担保の支払いを含む36項目の条件を付けている。Wilunaプロジェクトについては、2012年10月にWA州政府の条件付き承認を得ていたものの、連邦政府の承認の是非は当初発表予定の2012年12月から2013年3月まで延期されていた。

 Toro社のVannesa Guthrie社長は、課せられた条件は対応可能であるとし、今後資金調達及びオフテイク契約を進め、これらの条件が整えば2015年末までに生産開始できると述べた。

 Toro社はWilunaプロジェクトについて、当初10年間にわたり年間130万tの鉱石を処理し約820 tのウラン酸化物の生産を見込んでいる。

ページトップへ