閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年4月10日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:CODELCO労働者が24時間ストを実施

 2013年4月9日、CODELCO銅組合連合(FTC)に所属する労働者が24時間ストライキを実施、CODELCOの銅生産が一時ストップした。このストライキによりCODELCOでは5,000 t程度の銅生産損失が予想されている。民間鉱山会社が操業するEscondida鉱山やLos Bronces鉱山などでも同じ日にストライキが行われたが、数時間程度で終了し、生産への影響は出なかったという。今回のストライキは、年金の改善、銅及びリチウムの再国有化、下請への過剰なアウトソーシング取り止めなどの問題提起を目的としていた。ストライキの終了後、CODELCOの操業は通常に戻っている。

ページトップへ