閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2013年4月10日 北京 篠田邦彦

豪:国家開発銀行が五鉱鉛亜鉛プロジェクトに10億US$を融資

 安泰科によれば、国家開発銀行は、中国五鉱集団と協定を締結し、同社傘下のMMG社が保有する豪州QLD州 Dugald River亜鉛・鉛・銀多金属鉱山の建設プロジェクトに対し10億US$を融資支援し、融資期限は13年間とする。

 MMG社は中国五鉱集団が株を保有する香港上場企業で、本社は豪州にあり、中国五鉱集団の傘下企業として、主にベースメタルの上流資源開発のための国際的プラットフォームとなっている。

 調べによると、Dugald River亜鉛・鉛・銀多金属鉱山はQLD州北西部に位置する未開発の世界クラスの大規模亜鉛・鉛・銀多金属鉱床で、鉱石採掘・選別能力は200万t/年を計画し、年間で平均20万t(金属量)の亜鉛、2.7万t(金属量)の鉛を産出する。同プロジェクトは2015年に建設完了し、稼動する予定で、マインライフは20年である。

ページトップへ