閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト
2013年4月15日 ロンドン 小嶋吉広

DRコンゴ:Big Hillコバルト残渣プロジェクトの権益比率が変更

 2013年4月9日付けメディア報道によれば、Gecamines と英George Forrest International社はBig Hillコバルト残渣プロジェクトの権益取得に関し米OM Groupと合意した。同プロジェクトの権益比率はこれまでOM Group:55%、George Forrest International:25%、Gecamines:20%であったが、今回の合意によりGeorge Forrest International:70%、Gecamines:30%となった。同プロジェクトの年間生産能力はコバルト5,500 t、銅3,000 tであるが、電力不足により実際の生産量は能力の6割程度にとどまっている模様である。

ページトップへ