閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2013年4月17日 北京 篠田邦彦

中国:中金嶺南公司の2012年鉛・亜鉛生産は前年比8.7%増加

 安泰科によれば、2012年、深圳中金嶺南公司の鉛・亜鉛生産量は14.39万t(金属量)で、前年比8.7%増加した。同社は鉛亜鉛製品の具体的な生産量を公表していないが、傘下にある国内鉱山の鉛亜鉛精鉱生産量は前年比8.8%減の18.2万tで、海外に保有する鉱山の精鉱生産量は前年比7.7%増の13.1万tである。

 2013年には、同社は鉛亜鉛生産23.68万tを計画し、かつ国内鉱山の鉛亜鉛精鉱の目標生産量を19.5万tとしている。

 資料によると、同社の2012年の純利益は前年比54.5%減の4億3,280万元で、年間売上額は前年比1.3%減の184億元であった。これは運営コストの上昇、需要不振や金属価格の変動が大きく影響している。

ページトップへ