閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年4月22日 メキシコ 高木博康

メキシコ:加Goldcorp、高裁がPeñasquito多金属鉱山の用地のうち599 haをエヒードに返却すべきと判決

2013年4月16日付け業界紙等によると、Zacatecas州高等裁判所は、Goldcorp Inc.(本社:Vancouver)が保有するPeñasquito多金属鉱山の用地のうち、599 haをエヒード(土地を保有する農業共同体)に返却すべきとの判決を下した。 同社への用地の売却に当たり、合法的なエヒード総会が開催されていないことが判決の理由となっている。1月17日に下されたZacatecas州地方裁判所の判決では、土地の売却は合法的であるとされていた。同用地は、同鉱山の一部ではあるものの、現在操業しているピットに位置する重要な地区である。同社はコメントを発していないが、同社は連邦高等裁判所に上告することができる。 同鉱山の2012年の生産量は、金 12.79 t、銀 737.3 t、鉛 69.72千t及び亜鉛 147.05千tであった。

ページトップへ