閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年4月25日 北京 篠田邦彦

中国:2013年第1四半期のモリブデン輸出量は前年同期比26.2%減

 安泰科によれば、最新の中国税関統計によると、2013年3月のモリブデン製品輸出量は1,029 t(対前月比43.1%増、対前年同月比24.7%減、金属量、以下同様)であった。そのうち総輸出量の40.2%を占める酸化モリブデンは414 t(対前月比2.2倍増、対前年同月比36.8%減)で、10.2%を占めるモリブデン条材・棒材・型材・異形材は105 t(対前月比47.5%減、対前年同月比75.9%減)、14.8%を占めるモリブデン精鉱は152 t(対前月比1.3倍増)、10.2%を占めるモリブデン酸化物・水酸化物は105 t(対前月比2.4倍増、対前年同月比1.2倍増)であった。以上4種製品の合計輸出量は総輸出量の75.4%を占める。

 本年3月のモリブデン製品輸出が前月比で大幅に増加したのは、モリブデン精鉱やモリブデン酸化物・水酸化物の輸出が大幅に増加したからである。

 2013年第1四半期のモリブデン輸出は、2,979 t(対前年同期比26.2%減)で、うち総輸出量の30.3%を占める酸化モリブデンは905 t(対前年同期比59.2%減)で、26.5%を占めるモリブデン条材・棒材・型材・異形材は790 t(対前年同期比22.7%減)であった。以上2種類の製品の合計輸出量は総輸出量の53.0%を占める。

ページトップへ