閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年4月26日 北京 篠田邦彦

中国:レアアース統合計画、トップ企業5社を指定、計画案は2013年8月に公表か

 安泰科によれば、中国レアアース統合計画案では、包鋼希土、広晟有色、中国アルミ集団、五鉱集団と贛州希土集団の大手5社への統合がほぼ確定し、次に地方の民間レアアース企業と大手5社企業との統合事業が重要な鍵となる。同統合計画案は、2013年8月に正式に公表される可能性がある。

 同統合計画案の中で、包鋼希土、広晟有色、贛州希土集団を民間のトップ企業とし、中国アルミ集団と五鉱集団を中央企業の代表とする。

 2010年5月10日、中国政府は「レアアース(希土類)産業の持続的かつ健全な発展促進に関する若干意見」(以下、「意見」)を発表した。同「意見」は、大企業主導のレアアース産業構造を確立すること、中国南部のイオン吸着型レアアース業界の上位3つの企業グループへの産業集中度を80%以上にすることを求めた。

 調査によると、包鋼希土は、甘粛希土集団公司と連携し、四川省、山東省などにある中核企業を引き入れ、共同で中国北方レアアース集団を設立する予定。

ページトップへ