閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年4月30日 シドニー 栗原政臣

豪:Encounter Resources社、Antofagasta社とのYeneena銅プロジェクト探鉱JVを発表

 2013年4月23日Encounter Resources Ltd.(本社:WA州Perth、以下Encounter社)はWA州Yeneenaプロジェクト(面積約14,000 ㎢)の一部(鉱区E45/2658及びE45/2805:433 ㎢)について、Antofagasta PLC(本社:ロンドン)の子会社Antofagasta Minerals Perth Pty Ltd.(以下Antofagasta社)とEarn-in契約を締結したと発表した。発表では、Antofagasta社は今後5年間に渡って合計20百万US$の探鉱費を支出することにより、同プロジェクトの51%権益を獲得する権利を得られる。また、Antofagasta社はEncouonter社の第3者割当増資9,241,931株(1株当たり0.21 A$)を1.9百万 A$(約2.0百万 US$)で引き受けることで、Encouter社への資本参加も予定しており、これが実現すると、Antofagasta社はEncouonter社の7.5%の株主となる。これに伴い、既存株主に対してもAntofagasta社に対する発行金額と同額の0.21 A$/株で新株の購入権が付与されることを発表している(合計で最大3百万A$)。

 Yeneenaプロジェクトは、WA州北部Nifty銅鉱山の南東40 km、Telfer金・銅鉱床の南西30 kmに位置し、Encounter社が2010年に鉱区E45/2658において銅の鉱化作用を発見した。今回、Antofagasta社は鉱区E45/2658及び南に隣接し2012年8月に認可されたばかりの鉱区E45/2805に参入した。Encounter社は、2013年3月に総延長5,000 mを計画しているRCボーリングを開始しており、最初の分析結果は2013年5月に出る予定としている。

ページトップへ