閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年4月30日 サンティアゴ 縫部保徳

アルゼンチン:Vale、Río Coloradoカリウムプロジェクトからの撤退をアルゼンチン政府と合意

メディア報道によると、伯ValeはRío Coloradoカリウムプロジェクト(アルゼンチンMendoza州)からの撤退について、アルゼンチン政府当局と合意した。アルゼンチン政府との合意の中でValeには同プロジェクトに雇用されていた3,000人を超える労働者の報酬、休日手当て及びその他金銭報酬の半分を支払うことが義務付けられている。Valeが保有するプロジェクト関連の鉱業権は今後4年間有効で、その間に同社はプロジェクトの鉱業権の売却や共同事業契約ができる。Valeは労働者への支払いや鉱業権維持のため、Río Coloradoプロジェクトに対し6.11億US$を2013年に投入することになる。 Valeがプロジェクト中断を発表した当初アルゼンチン当局は鉱業権剥奪を警告するなど態度を硬化させていたが、ブラジルDilma Rousseff大統領とアルゼンチンCristina Fernández大統領の会談が平和的な解決をもたらしたものと見られている。

ページトップへ