閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年4月30日 北京 篠田邦彦

モンゴル:モンゴル鉱業協会D.Damba会長、投資減少についてコメント

 現地報道によると、モンゴル鉱業協会D.Damba会長は、投資減少について次のように発言した。

 現在、モンゴルへの投資額が減少しているが、60-70%が法的環境の変更、投資環境の悪化のためである。「戦略分野への投資調整法」が大きな影響を与えたほか、国家鉱業政策が最終的に策定されていないことも影響している。トロントで実施された「地質・鉱業投資会議」に出席し、投資家達のモンゴルへの考えが変化していることを感じた。モンゴルで事業を行う株式会社の株価が下落しているほか、モンゴルへの投資を予定して国内の協会へ問い合わせを行う外国企業の数も大幅に減少した。

 中国の石炭価格低下のため、モンゴルの石炭輸出会社のみならず、中国の輸入会社も困難に直面しているため、国内の協会と中国石炭輸入協会の共催で2013年6月に中国の呼和浩特市で会議を開催する予定。両国の民間企業、業界団体の他、政府機関の関係者の出席も得る予定。

ページトップへ