閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年5月2日 ロンドン 小嶋吉広

ザンビア:輸出収入の国内口座入金義務が法制化の見通し

 メディア報道によると、ザンビア財務省は、鉱山会社等の輸出企業がグループ内取引を行う際の価格(移転価格)を操作することで租税回避を行っており、これによる国家財政の逸失利益が20億US$に上るとして、輸出企業の資金管理を厳格化する方針を固めた。ザンビアでは輸出収入の20%は銅輸出によるものであるが、国家財政へはGDPの0.5%相当しか寄与していない。このため財務省は輸出企業の徴税を徹底するため、企業が輸出で得た収入をザンビア国内の口座に60日間預金させることを義務づけ、当該期間中は配当や輸入品の支払い等正当な理由がある場にのみ外国送金を認めることとする。ザンビア国内で営業する全ての企業が対象となり、10,000 US$以上の対外取引が対象となる。

ページトップへ