閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年5月2日 ロンドン 小嶋吉広

南ア: Marikana PGM鉱山・製錬所の2号炉が事故により運転停止

 2013年4月30日付けニュースリリースによれば、Lonmin社のMarikana PGM鉱山・製錬所の2号炉が損傷し、2号炉の運転が一時停止している。今回の事故は偶発的なものであり、負傷者はいない。炉が冷めるまで数日間を要し、その後、事故の発生原因を調査する予定であるが、2号炉の完全復旧までに30~40日かかる見込みである。同社の1号炉は定期的なメンテナンスのため現在操業を休止しているため、現状では3号炉のみが稼働している状況である。

ページトップへ