閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年5月6日 バンクーバー 大北博紀

加:Cameco、8億C$以上の追加納税の可能性

 2013年5月2日付地元紙等は、Camecoが2013年5月1日に報告した2013年第1四半期財務報告内のカナダ歳入庁(Canada Revenue Agency)に関連する情報から、Camecoに8億C$の追加納税の可能性があると報じている。

 Camecoは財務報告内で、カナダ歳入庁が2008年に指摘した係争中の案件(2003年~2007年納税申告)に係る支払い義務額(納税者は係争中の支払い案件について50%の納税義務を負う)を現金支払いで4億C$から4.25億C$と見積もっている。なお、敗訴した場合には、一度に8億C$以上を支払う必要がある。また、係争中の案件に関連する2013年分の支払額は27百万C$と見積もっている。

 Camecoは1999年、低税率地のスイスにCameco Europe Ltd.,を設立。Cameco Europeとカナダ産ウランの17年間に及ぶ売買契約を締結し、Cameco Europeが全世界の顧客に対する最終販売者となっている。

 カナダ歳入庁は、Camecoと同社の子会社Cameco Europeの取引関係、及び移転価格を問題視しており、Camecoの過去10年以上にわたる申告回避額はカナダ国内で認識されるべき収入が49億C$、それに伴う納税額を14億C$と見積もっている。

 Camecoは支払い義務の免除を確信しているが、アナリストは、報告で正確な金額が公開されており、同意できないとしている。

ページトップへ