閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年5月8日 北京 篠田邦彦

中国:山西省国土資源庁、24億元を投入し鉱物資源900億tを発見

 安泰科によれば、山西省国土資源庁からの情報によると、過去5年間で、山西省政府は地質探査資金として24億元を投入し、地質探査プロジェクト387件を認可し、主に石炭883億t、ボーキサイト11億t、鉄鉱石3億tを含む鉱物資源900億tを新規に発見した。近年、山西省政府は、「山西省探査突破戦略行動実施案」、「山西省地質探査基金管理方法」を起草した。2012年、山西省政府は地質探査に5.5億元を投入し、新規探査プロジェクト68件を立ち上げ、発見した重要な大中規模鉱徴地12箇所、審査に合格した地質探査プロジェクト104件で、それぞれ新規増加した資源量は石炭80億t、鉄鉱石1億t、ボーキサイト1億tである。2013年、山西省政府は、地質探査資金5億元以上を投入する予定で、鉄鉱石、ボーキサイトについて2ヵ所の大規模探査区の探査事業を全面的に進める。同時に、既存鉱山の深部探査及び周辺資源への探査を継続的に実施し、鉱山のマインライフを延長させる。

ページトップへ