閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2013年5月10日 北京 篠田邦彦

中国:阿尓山火龍溝鉛亜鉛多金属鉱床の探査見通し良好

 安泰科によれば、内モンゴル地質探査第三院の地質関係者の推測によると、阿尓山火龍溝に鉛亜鉛多金属鉱床があると確定した。

 阿尓山火龍溝の鉛亜鉛多金属鉱床は阿尓山市東北部にあり、断裂構造で、マグマ活動が活発な地域である。ボーリング探査により、長さ200 m~300 m、幅10 m~70 m余りの鉛亜鉛銀鉱体2か所を発見した。

 同鉱床体の品位は比較的高く、平均品位は鉛4.85%、亜鉛1.41%、銀735.0 g/tである。専門家によると、同鉱区の鉱床規模は大規模以上となる見込み。

ページトップへ