閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
パラジウム レアメタル
2013年5月13日 ロンドン 北野由佳

英国:Johnson Matthey社、パラジウムの需給分析を発表

 英国の貴金属製錬・加工大手Johnson Matthey社(本社:ロンドン)は2013年5月13日、2012年の白金及びパラジウムの需給実績分析と2013年の見通しを発表した。パラジウムの需給分析は以下のとおりである。

 2012年のパラジウムの需給については、供給は対前年比11.1%減の654.5万oz、需要は同15.6%増の989.5万oz、需給バランスは前年の118.5万ozの供給余剰から107万ozの大幅な供給不足に転じたと分析した。

 供給面を国別にみると、ロシアの在庫放出は対前年比67.7%減の25万ozで、在庫量はほぼ枯渇した状態であると考えられている。南アはストライキの影響で同比9%減の233万ozとなった。

 需要面を用途別にみると、自動車触媒用の需要は日本、中国、北米で増加し、対前年比7.5%増の661.5万ozであった。一方、工業用が同4.1%減の236.5万oz、宝飾用の需要は対前年比11.9%減の44.5万ozであった。投資用の需要は、2011年はパラジウム価格の下落による大量売却で投資用パラジウム需要は56.5万ozのマイナスであったが、2012年には大幅に回復し、47万ozとなった。

 2013年のパラジウム需給バランスについては、供給不足が続くと予測した。供給に関しては、ロシアの在庫放出量がさらに減少することに加え、南ア及びロシアにおける鉱山生産量の増加は困難であると予想。一方、自動車触媒用のパラジウム需要は増加が期待される。なお、今後6か月間のパラジウム価格に関しては平均740 US$/oz(635~830 US$/oz)と予想した。

白金需給(2011、2012年)(単位:千oz)

  2011年 2012年 対前年比(%)
パラジウム供給 7,360 6,545 -11.1
パラジウム総需要 8,560 9,895 15.6
(回収分) 2,385 2,280 -4.4
パラジウム純需要 6,175 7,615 23.3
需給バランス 1,185 -1,070  
ページトップへ