閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2013年5月14日 北京 篠田邦彦

中国:広西省の電解アルミニウムの稼働率が史上最低レベルに

 安泰科によれば、国内外の経済環境の低迷及びアルミニウム市場の供給過剰問題の影響を受け、2013年以降、広西省の電解アルミニウム企業の経営に対する圧力がますます大きくなっている。安泰科の統計によると、2013年初めから現在まで、広西省で閉鎖した電解アルミニウム生産能力は約25万tで、これまで閉鎖し再稼動していない生産能力を含めると現在電解アルミニウムの遊休生産能力は50万tになる。稼動している生産能力は45.5万tで、稼働率は47.6%となり、史上最低レベルに落ちた。最近では、広西省政府は、アルミニウム企業に助成政策を実施するという噂があるが、安泰科の調査によると、現在、同助成案は協議中で、もし最終的に実行されれば、現地のアルミニウム企業は一部の遊休生産能力を再び稼動する見込み。

ページトップへ